STLE MATE NEWS

【TRAVEL】 出雲大社へ! 縁結びの旅に出かけてきました ①

2017/06/28

こんにちは!

STYLE MATEニュースの担当、メガネ(30代・女子)です。

先日、同じく婚活女子と一緒に出雲大社へ参拝に行ってきました。初の島根県、初の出雲大社への旅はとても清々しい1泊2日となりました。今回はそんな気ままな旅の一部をご紹介します。

 

羽田空港から約1時間半、出雲空港ならぬ“出雲縁結び空港”に到着。お天気にも恵まれ、幸先のいいスタートです♪

 

 

 

 

ここからレンタカーで30分ほど、この旅の目的地「出雲大社」に到着です。

 

 

 

 

大きな鳥居をくぐって参道を進むと、右手に小さなお社があります。素通りせずに必ずお参りしてくださいね。祓社といって心身を清めてくださるそうで、キレイな心とカラダになって先へと進みましょう。

 

 

 

 

銅鳥居の左手に祀られているのが神馬神牛像。神馬をなでると子宝に恵まれるとか。神牛は学力向上のご利益があるそうです。

 

 

 

 

こちらは拝殿。出雲大社では二拝、四拍手、一拝が正しいお作法。珍しいですよね、ぜひ正しい拝礼でお参りしてくださいね。

 

 

 

 

いよいよ見えてきました! 本殿です。背景の萌えるような緑とあいまって、とっても神聖な雰囲気。なんだか不思議な感覚でした。

 

 

 

 

いざ、本殿にお参りしましょう・・・。と、ここで満足してはいけません! 本殿に祀られているご神体は西向きで稲佐の浜の方角を向いていらっしゃるそう。本殿を正面からお参りすると、神様の横顔を拝んでいることになるそう。

 

そこで・・・

 

 

 

 

本殿を後にして、左右にある東十九社、西十九社をお参りしましょう。こちらは、出雲大社に神様が集まり会議をするとき、神様の宿舎となる場所。旧暦の10月を「神無月」と言いますが、出雲では神様がお集まりになっているので「神在月」と呼ぶそうですよ。

 

 

 

 

そして、こちら! 西十九社の近くにある西側の遥拝場です。西を向かれているご神体の正面からお参りできるのがココ!なんです。本当に控えめな設えなのですが、女子のみなさんお忘れなく!

 

 

 

 

そして有名な大しめ縄は、結婚式が挙げられる神楽殿にあります。長さ13.5m、太さは最大8m、重さはなんと4.4t。もちろん国内最大級の大きさで、そのスケールには圧倒されます。

 

のんびり境内を回らせていただくと1時間ほど。もちろん、途中でおみくじも引いてきましたよ。初の出雲大社は、想像以上に素敵な場所でした。この後は、出雲大社周辺グルメと観光スポット&温泉を紹介したいと思いま~す♪ お楽しみに。

ではまた(*’ω’*)

 

 

pagetop