STLE MATE NEWS

【STUDY】世界一の茶師によるお茶セミナーに行ってきました!

2017/11/01

こんにちは!
STYLE MATE ニュース担当のメガネ(30 代・女子)です。

先日、丸の内エリアで開催されている「クルソグ」というイベントに参加してきました。「クルソグ」は、オフィスワーカーの Well-Being(ウェルビーイング)な働き方をサポ ートするという観点で、皇居ラン、マインドフルネス、ヨガなどさまざまなプログラムを展開しています。仕事帰りの時間帯に開催されていることも多く、働くスタイルメイト女子の自分磨きにもオススメです♪

 

 

その中で私が気になったのは、世界一の茶師によるお茶セミナー。茶師とはお茶の製造販売をする方らしいのですが、世界一に2度も輝いた講師の佐々木健さんは、お茶の木の栽培から焙煎、合組(ごうぐみ)と呼ばれるブレンド、販売まですべてこなされているスゴイ方でした。

古代中国で発見されたといわれるお茶は、薬として珍重されていたという話から始まり、実践的なお茶の淹れ方を教わりました。

 

 

ペットボトルやウォーターサーバーの普及などライフスタイルの変化により、自宅に急須を持たない人は全体の4割!! 若い世代では8割近くが持っていないというデータもあるとか。日本の食文化の継承に危機感を覚える数字にびっくりしました。

 

 

さらに、煎茶と深蒸し煎茶の 2 種類の飲み比べができ、「茶葉によってこんなにも味が違う の!?」とまたまたびっくり!  急須にお湯を入れてから注ぎ始めるまでの時間でも微妙な違いがあったり・・・、奥の深いお茶の世界をわかりやすく解説してくださいました。

 

 

このセミナーは、身近にあるのに実はよく知らなかったお茶に興味を持つきっかけになりました。手軽で便利なペットボトルのお茶につい手が伸びがちですが、急須で淹れると、香りがよくおいしいのはもちろん、ペットボトルの比にならないほどカテキンやテアニンなどの栄養成分が含まれているそうです。

時には、ゆっくりお茶を淹れてみるのもよいかもしれませんね。ココロもカラダもリセットできると思います!

ではまた(* ́ェ`*)

pagetop