STLE MATE NEWS

【小江戸の雰囲気を味わえる!水郷佐原へ日帰り旅行】

2018/08/06

こんにちは!今回は暑い夏におすすめの涼を感じるスポットをご紹介します♪

千葉県香取市にある佐原は埼玉県の川越市、栃木県の栃木市と並んで関東三大小江戸のひとつです。 街には小野川が流れ川沿いを中心に今でも風情ある街並みが残っており、映画やCMなどロケ地としても有名な場所!

佐原に行ったらまず体験したいのが舟めぐりです。

小野川をサッパ舟(手漕ぎ舟)にのんびりと揺られながら約30分。 舟の上から眺める街並みはまた一味違った風情が楽しめます。 船頭さんが佐原の歴史や街並みについて説明してくれますよ!

 

舟めぐりのあとはランチへ。グルメな街でも有名な佐原は素敵なお店が沢山あります。 その中でも今回は、舟めぐりの船頭さんがオススメしてくれたこちら『小堀屋本店』へ。

天明2(1782)年創業の老舗のお蕎麦屋さん。 千葉県の有形文化財になっている建物は、江戸時代を彷彿させるとても趣きのある外観です。お店の中に入ると黒光りする天井や梁などから歴史の重みを感じられ、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのよう!

名物は麺に北海道日高昆布を練り混ぜた黒切りそば。

江戸時代から受け継がれているレシピというから驚きです! コシがあり、ほのかに香る潮のかおり、すっきりとしたのどごしが特徴で、暑い夏にピッタリの一品!

 

小江戸の街並みを散策していると酒蔵を発見!

200年近い歴史と伝統がある『東薫(とうくん)酒造』です。 酒蔵と併設されている売店には代表銘柄でもある「大吟醸 叶」を始め、こちらでしか手に入らない銘柄も揃っています。 今回はオススメのにごり酒と果実酒を試飲させていただきました。

上品な甘さで女性にとても人気がありそうなお味! ノンアルコールの甘酒の試飲や佐原の物産品なども店内には沢山あるので、お酒を飲まない方でも楽しめます。

 また、1年を通して無料で酒蔵の見学をすることができます。 普段見ることのできない貴重な体験をぜひお試しください!

 

佐原はこの他にも沢山の見どころがあるのでご紹介!

 『水郷佐原 山車会館(すいごうさわら だしかいかん)』

7月と10月に行われる「佐原の大祭」。 夏と秋、来場者がのべ60万人以上にもなる大規模なお祭りです。 この大祭で曳き回される高さ9メートルにもおよぶ豪華絢爛な山車が展示されており見応えたっぷり! 大祭の様子が映像で見ることができ、当日の迫力や臨場感が味わえます。

 『伊能忠敬 旧邸&記念館』

伊能忠敬は今から200年前、50歳を過ぎてから17年かけて日本を測量して歩き、日本地図を完成させました。 伊能忠敬が過ごした跡が今でも大切に残っており、貴重な資料なども多いので一見の価値ありです。

 

東京から高速バスで約1時間半、電車で約2時間ほどで行けるのでアクセスも良く週末の小旅行に最適!

古き良き江戸情緒溢れる街並みのなか、グルメや観光を楽しんでみてはいかがですか♫
ゆったりと流れる川の姿は目にも耳にも涼しく、今年の夏の暑さを自然と和らげてくれるはずです^ ^

 

pagetop